紅葉狩りに最適な車とは

昨年の秋は特に、世の中はハロウィンで何だか浮かれておりましたが、そんなイベントには興味を示すこともなく、日本人らしく行楽を楽しもう、ドライブに出かけよう、と思っておられた方も多いことと思います。11月には文化の日、勤労感謝の日と祝日が2日あること、また紅葉もちょうど見頃になっていることから、お出かけにはまさに最適の月といえるでしょう。

そこで大切になってくるのがやはりお出かけのお供をしてくれる車ですね。紅葉狩りのドライブとなると、必然的に少しロングドライブになりますから、乗り心地の良い車で出かけるのが大切ですよね。

さて、そんなに皆さんにお勧めしたい中古車のひとつがスバルのフォレスターです。ワイドボディとスバル独自の水平対向エンジンは安定性抜群の走りをしてくれます。またスバル独自の機能といえばアイサイト。これは緊急時に自動でブレーキをアシストしてくれるという優れものです。

せっかくのお出かけですから、やはり無事に帰ってくることが一番です。現在、若干相場が上がっているようですが、お出かけに最適なフォレスターの中古車、要チェックです。

フェラーリは買えないけど、、、

フェラーリといえば、選ばれた人だけが乗ることのできる車ですよね。男にとっては1度はハンドルを握ってみたい車でもあります。

でも、普通に生活していてフェラーリに乗れるチャンスなんてまずありません。

でも乗ってみたい、そんな希望を叶える方法があるんです。厳密に言うとフェラーリを運転しているのと同じ楽しさを味わえる車があるんです。

フェラーリと同じ運転の楽しさ?そう思われましたか?

その車とはアルファロメオです。中でもアルファロメオGTV。現在は中古車として市場に出回っていますが、このGTV、その加速とエンジン音は同じイタリア生まれの車としてフェラーリを彷彿とさせるものがあるんです。

もちろんフェラーリと同じ加速力があるわけではありません。でも、フェラーリの10分の1で購入できることを考えるとこのアルファロメオは非常にお買い得です。

フェラーリは乗ってみたいけど、、という皆さん、まずは中古車サイトで探してみるのはいかがでしょうか。

BMWはやっぱり格好良いですよね

最近、週刊誌の中でBMWは中古車になると値落ちが大きい、というような記事が出ていました。

BMWといえばスポーティーな高級車というイメージが強いですよね。ベンツよりもやはりスポーティーなイメージがあります。モテ車とも言われていますよね。

さて、そんなBMWが中古車になることでそんなに値が落ちるなら、と思う方は少なくないのではないでしょうか。ただ、もとが高いので、値落ちしてもそこそこはするのですが、それでも旧型の3シリーズのワゴンなどは80~200万円で購入することができます。

それくらいの値段を出して日本メーカーの新車を買うのもよし、でも、たまには少し冒険してBMWを買ってみるのも良いと思いませんか。一度購入して、爽快感と走りの楽しさを感じてしまったら、もう後戻りできなくなる危険はあると思いますが。

中古車検索サイトでは値段、シリーズを指定して検索することもできますので、日本車と見比べながら探してみても良いかもしれませんね。

SUVは値落ちしません!車選びの常識を覚えよう

中古車を購入する際には、のちのち手放すときに値落ちしない車を選ぶという方法があることが常識となっています。

ミニバンは基本的に値落ちしにくいというと言われていますが、ほかにも値落ちしない車種のひとつにSUVがあります。

いまや最も人気のある車のタイプといっても良いSUVですが、やはり街中だけでなくアウトドアの雰囲気を持つところが女性にも人気の秘密なのかもしれません。

さて、値落ちのしにくいSUVにはどんな特徴があるのでしょうか。最近の流れからいくとまず、クリーンディーゼルのSUVは値落ちしにくいと言えます。いまやクリーンディーゼルは最先端を行くエンジンとなっています。燃費も良ければ、エンジンのパワーも全くガソリン車に引けを取りません。ほかには街中で走っても違和感のないタイプのSUVはやはり人気が高いといえます。日産のエクストレイルやトヨタハリアーなどはその一例と言えるでしょう。

将来を見越して中古車を選びたい方にはSUVはぴったりの車と言えるでしょう。

100万円以下の輸入オープンカーという選択

もうすぐ秋も本格化。まだまだ時折蒸し暑い日もありますが、、、。

これからの時期に最適なのがオープンカー。少し涼しいくらいのときにちょうどいいのがオープンカーです。暑すぎてもだめですしね。

さて大手中古車検索サイトによれば、春から夏にかけてじわじわと相場が上がっていくのがオープンカーだそうです。ところが、今年の夏はちょっと違うようです。夏の暑さが厳しかったからなのかも知れませんが、今年の夏は先月あたりでもオープンカーの相場が上がっていないとのこと。

さて、そんなお買い得なオープンカーの中でも狙うと良いのが100万円以下の輸入オープンカーだそうです。やはりオープンカーというのは使い勝手にある程度限りがありますので、そういう意味でもまずは100万円以下で探すのは良いかもしれません。そして輸入車のオープンカーにはまってしまったときは、よりグレードアップした輸入オープンカーに買い換えてもいいですよね。

まずは自分のライフスタイルに合うかどうか購入を検討するのはいかがですか。

高級コンパクトセダンをCSオート評判の中古車デイーラーで

コンパクトセダンと言えど、やはり高級コンパクトセダンは乗っていても気分が違いますよね。

国内メーカーの地味なコンパクトカーに乗るんだったら(それも良いのですが、、、)せっかくなら中古車で素敵な高級コンパクトカーに乗ってみませんか。

中古車なら、憧れの高級車でも素敵なコンパクトカーが100万円台から十分に探せるんです。

例えば、BMWの旧型の3シリーズ、アウディのA4、レクサスのLSなどが100万円台から探せます。どれもやはりもともとハイグレードな車ですので造りは当然しっかりしています。ですから、中古といえど質の良い車を探せる可能性も高いですよ。また、こうしたハイグレードなコンパクトカーというのはのちのち付加価値が付いて値が上がることもあります。

中古車で購入して大事に乗り続けることでさらに年季が入って素敵になっていくのを楽しむこともできます。それはやはりもとが高級車だからこそ様になるわけですね。

この機会に高級コンパクトセダンを探してみませんか。

ここでたとえばレクサスLSをお探しの方であれば、関東最大級の中古車販売店で評判のCSオートディーラーで探すのがおすすめです。CSオート評判の理由の一つはその展示車数で、お好みのレクサスLSを手に入れることができますし、レクサスに限らず、マジェスタやクラウンハイブリッドなど、人気の車種もたくさん展示しています。

また、前払い金保全システム等のようなユーザーを安心させる様々なサービス・バックアップでしょう。ネットで要チェックですね。

実用的な輸入車はいかがですか

今や、車界の一大勢力となっているのがミニバンです。トヨタアルファード、ベルファイア、日産エルグランド、ホンダステップワゴンなど、豪華な内装や、ファーストクラスのような乗り心地に魅了された人たちがミニバンを乗り回していますよね。

さて、そうなってくると道を走っていても同じようなミニバンを見かけることが非常に増えてくるわけで、中にはみんなと同じミニバンはイヤだ、といった固い意志と決意を持っているミニバンアレルギー的な方もおられることと思います。

さて、そんな方にお勧めしたいのがやはり輸入車です。それも普通の輸入車ではなく、実用的なボディタイプの輸入車です。

と聞くと、車好きな方であればすぐに思い浮かぶのがルノーの「カングー」かもしれません。カングーの場合、3列シートではないのですが、車高が高くたくさんの荷物を載せることができます。

そして何より個性的なデザイン。みんなとは一線を画したいという方にはぴったりの実用車です。中古車サイトでは200万円以下で狙えるようです。要チェックです。

中古車業界の流通形態に新たな風が

世界では自動車業界のイノベーションが起きているようですね。かのAppleまでもが電気自動車業界に参入するのではないか、と言われているようです。

アメリカではネット中古車販売のベンチャー企業がフォーブスの選ぶ2015年の注目企業トップ20にも選出されており、ますます世界中で中古車の流通携帯に変化が起こりそうです。

日本でも同じようにネット中古車販売のベンチャー企業が少しずつ生み出されていることは皆さんご存知でしたでしょうか。ネット上での個人売買の仲介をする企業などです。売り手側が自分の売りたい車をその企業を通して掲載し、買い手側は掲載されている車を見て自分の気に入った車を買う、もしも売れなかった場合には、その企業が掲載した車を売り手から責任を持って買い取る、こんな流通形態が今後日本の中古車業界でも増えていきそうです。

単純な個人売買と比べてメリットの多い、仲介業者を通じての売買、利用者が増えることを願いたいです。

中古ハイブリッドカーで走りも楽しもう

ハイブリッドモデル、と聞くとすぐに思い浮かぶイメージは、やはりプリウス、アクア、インサイトといった環境に優しい低燃費なエコカーですよね。

でも実はハイブリッドを単なる低燃費車という概念だけで片付けてはダメなんです。

たとえばスバルXVハイブリッドという今売れ行きが好調な車ですが、これは燃費よりも、むしろエンジンをモーターでアシストすることで車のパワーをアップさせ、より走りを良くすることを目的にハイブリッドシステムを導入しています。つまり「走りが楽しいハイブリッド」というわけです。

中古車市場でもこうしたパワーと低燃費を両立させたハイブリッドカーが多く出回っています。

最近、カーセンサーで取り上げられていたのは、クサスのハイブリッドを狙おう、というものでした。レクサスのGS、RX、LSのハイブリッドが現在ではアフター保証付で300万円以下で探すことができるようです。決して安くはありませんが、やはり同クラスのガソリン車と比較して燃費が良いのは間違いないので、購入後の燃料費を考えると良い買い物ができるはずです。

スーパーカー気分を味わってみたい人

「スーパーカー」。ランボルギーニ・カウンタックをはじめとしたスーパーカーブームというものが昔ありましたね。

1970年代後半、スーパーカーをモデルにした漫画や、消しゴムも流行りました。今ではそのときのようなブームはないものの、それでも毎年数多くのスーパーカーが発売されていることを皆さんご存知でしたか?

スーパーカーというと値段もスーパーなイメージがありますが、多くのスーパーカーが発売されているだけあり、中古車市場に入り込む車の数も多くなっています。といってもやっぱり1,000万円は超えてしまうようです、、、。でも、気分はスーパーカーという車はたくさんありますよね。

Goo.netやカーセンサーといった中古車検索サイトの特集でもちょっとしてスーパーカー気分を味わうことのできる車種を紹介しています。特にツーシーターの車はそうした気分にさせてくれるものですよね。ホンダのS2000やマツダロードスターといった車の良質な中古車を探してみるのはいかがですか。